とうとうアイルランドから日本へ引っ越してきてしまった! 我が家のおこちゃまたちとクマの運命やいかに!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットのおかげなんです。
2008年09月29日 (月) | 編集 |
寒くなりました。
この間の夜は、毛布も用意していたのに寒くてどうにも眠れなく、
結局夜中の3時ごろ(推定)に長そでのパジャマに着替えたんです。
おかげで翌日は超寝不足でした。



さて、わが家が日本にやってきたときの話ですが...

クマはうまい具合に、アイルランドにいる間に日本での仕事を
見つけることができました。

今はほんとに便利な世の中ですよ。
インターネットを駆使して、求人募集を検索。
応募資格に多少合わずとも片っぱしから応募をしたら、数社から返答
いただきました。
それらの会社とは国際電話または
文明の利器、「スカイプ」
などを使って面接したのです...
「はぁ~時代もかわったもんだねえ」
と改めて感心したものでした。

そのうち、さらにダブリンで次の面接をしてくれた会社と契約することが
できました。
まさかアイルランド在住中に仕事を見つけることができるとは
全く期待していなかったので、すごーくほっとしましたよ。

それにこのおかげで、住む場所にもこまることがなかったんです。
会社のお世話役の方が家族で入るのにちょうどいい
アパートを見つけておいてくれたので、日本についたらそのまま
アパートに直行できたんですから。
しかもこのお世話役の方が、いろいろな買い物、手続きなども
手伝ってくださって本当に助かりました。

もしも仕事が見つからないようだったら、東京のアイリッシュパブで
きちんとした仕事がみつかるまで働くつもりだったクマ。
(コネがあって、先方ともすでに電話で話してました)
しかし、家族持ちでそれほど不安なことはないですよね。
それもこれも、日本での求人のほとんどは、
「現在日本に住んでいる」
ことが条件にあったからなんです。

でも、今の仕事も、長くやる仕事としては「う~んどうかな」
なのでありますが、まあちょっとの間だったらいいですよね。
日本語しゃべれない男でもできるわけだし。


とにかく、インターネットのおかげで私たちは今ここにいます。



1年前の思い出は次回へつづく...

スポンサーサイト
1周年...きっかけ
2008年09月19日 (金) | 編集 |
今日でちょうど1年です。
パスポートでは去年の9月19日に入国スタンプが押されてます。

我が家の日本生活ことはじめ記録。
日本に来てからいろいろありましたが、とりあえずは

「なんで日本に来ることにしたのか。」

からですね。
いろいろ聞かれる機会があったので、個人的にお話した人もいるかと
思いますが、改めまして。



いろいろ理由があるんですが、まず私の理由としては
「日本体験おさめ」

まさか結婚してアイルランドに居っぱなしになるとは思って
いなかったので、なんだかやり残したこととか、
思いっきり楽しんでおきたいこととかたくさんありました。
ほら、たとえば温泉に行くとか。
お正月を過ごすとか。
ビヤガーデンでビールを飲むとか(来年持ち越し)。



それから
「クマに日本をもっと知ってもらいたかった」
のも理由のひとつ。

しかも彼は海外生活経験ないですからね。
たとえ好きでアイルランドにわたったとしたって、故郷を
離れて暮らす私の気持ちがいまいち分かってもらえないんです。
これから長くアイルランドで暮らすことになるだろう私には
それでは辛いこともでてきてしまうと思っていました。
彼が実際に、アイルランドから遠く離れた日本で生活してみたら
それが少しはわかってもらえるのかな?
と期待しているんですけどね。

あと、彼には日本語も勉強してほしいんですが...
これはもうあきらめてます。



そして、もう一つ重要な理由が
「子供たちに日本を肌で感じてもらう」こと。

日本の文化や言葉や食事を受け付けない子供になってしまったら
さびしいなあ…と危惧していました。

たとえば刺身でもシラスでもなんでもおいしく食べられて欲しいですね。
特に偏食の多いアイルランドにいるとこのへんが心配です。
それにお祭りの楽しさとか、夏の暑さとか、たとえアイドルソングでも
日本を頭に刻んでもらおうと思ってます。
私の母国に近づいて欲しいんです。
半分は日本人ですからね。



なんだか文章にするとうまく書けませんね。
とにかく諸諸の理由が集まって、来日にいたりました。

私としては、女王が生まれた頃からこの計画は頭にあったんです。
もし行くなら女王が学校に入る前しかない...
クマともときどき話会って、具体化したり、たち消えたり。
しかもそんな感じで信憑性のない計画を、
おしゃべりなアイルランド人(=クマ)がすぐ人にしゃべるもんだから
みんなには「また言ってるよ」とか
「今度はほんとうに行くの~?」とか
笑われてました...
だから、今回こうやって実際日本行きが確定した報告をしたら、
みんなびっくりしてましたね~

1年ってほんとあっという間。
やっぱり1年くらいじゃ足りないわ、と思う反面、
アイルランドにもう帰っちゃおうかな...と思う日々。
ないものねだりとでも言うんでしょうか。
あちらにいればこちら、こちらにいればあちらが恋しくなるのです。


といったところで、
具体的な来日エピソードに関しましてはまた次の機会に。
1周年
2008年09月17日 (水) | 編集 |
なんだかエジプトにでもいるようですね。

真夏ほど蒸し暑くはないけれど、昼間暑くて
夜はかなり涼しくて...
あともうちょっと全体的に涼しくなったら楽になるんだけどなー

でも去年の今頃と比べたら全然過ごしやすいですよね。
去年、6年ぶりに日本の9月にやってきて、その蒸し暑さに
ショックを感じたのを覚えてます。
だって、座っててもじっとり汗が滲んだし、日陰にいても暑かったし...

お気づきですか?
そうなんです。
もうすぐ、日本滞在1周年!
1年なんてあっという間です。

で、考えてみたら、今だにアイルランドから日本に引っ越したことを
記録してなかったんですよね。
忘れないうちに、これからその辺のことを記録しておいてみようと
思っています。



...とりあえず明日からってことで。
おばちゃんの未来
2008年09月16日 (火) | 編集 |
ちょっとしたきっかけで、久しぶりに自分の手相なんぞを
まじまじと見てみたら、あれれ?
これって

「マスカケ」ってやつ?

感情線と頭脳線の終わりの方がまっすぐつながってる。
こんな手相じゃなかったハズよ。
やっぱり手相って変化していくんですねえ~。

ネットで調べてみたら、マスカケにもタイプがあって、
私のみたいなのは後天的なマスカケ相の典型のようです。

自分でも昔からなぜか大器晩成型のような気がしていたので、
ちょっとした保証がついたって感じなんですが。
...だといいんですけどね。
もう完全おばちゃんの域に入ってるわけですが、
まだまだ自分を信じて頑張ってみようと思います。



しかし、

何を頑張るのかまだわかっていないところが問題なんですよね。
大器晩成する頃にはおばあちゃんになってるかもしれません。
ソーセージ
2008年09月09日 (火) | 編集 |
イギリスのテレビで、質のいいソーセージを買いたいときには
「パッケージの裏の成分表を見ること。」
って言っていたんです。
それからソーセージを買うときには成分表をみて
ポーク(肉)が60%以上のものを買うようになりました。

今60%としたのは今はちょっとうろ覚えなんだけれど、
肉の分量がそのくらいよりも少ないのは
「ポークソーセージ」と商品表示しちゃいけないとか。

そういう習慣になってたものだから、日本にきてもソーセージの
パッケージを裏返しちゃったんですよね。
でも、日本のソーセージにはそういう表示がないんです!
どれもこれも...

なので日本であんまりソーセージを買わなくなりました。
今は食品に関する事件が多いじゃないですか。
たとえ高くて見た目がよさそうなのでもなんだか心配になりますね。

TESCO finestのソーセージおいしかったなあ。
日本もポークの比率を載せておいてもらえないもんでしょうか。
(うそ表記する会社もでてくるんだろうけど。)

バイリンガル
2008年09月06日 (土) | 編集 |
日本にきて3ヶ月後くらいからどんどん日本語を話しだした女王。
それからは頼んでもなかなか英語をしゃべらなくなっていましたが、
7月くらいから変わってきてます。

一時期は、
「お父さんには英語で話してあげて」
と言っても日本語でしつこく話していたくらいなのに
今ではクマにはちゃんと英語で話してます。
わざわざ英語で話すように言わなくてもです。

英語での会話では言いたいことがうまく言えない
ことも多いみたいですけどね。
面白いもんです。

ところで、せな坊はといえば、ちょうど「言葉」を覚える
時期だったわけで、
「これは日本語一辺倒になるんではないか」
と予想していました。

実際、クマに話しているときでも誰に話すときでも
ちょうど言葉を覚える時期に耳にはいってきた言葉
...すなわち日本語を話すようになってました。
女王よりも英語に慣れ親しんだ期間が短いから
英語はもう完璧に抜けたと思っていました。

が、この数日気づいたんです。
どうも、せな坊も
「英語と日本語を使い分けているらしい」。

女王ほど流ちょうに英語はしゃべりません。
が、たとえば私に
「おかあさん、おしっこー」
と言ってきたあと、クマのところに行って
「だでぃー、うぃーうぃー!」
なんて感じ。
さっきもクマに
「のどがかわいたの。」
と話かけたところ
「What do you want?」
と聞き返されて
「うぉーたー」
と答えてたんですよね。

すごい...
2歳児でもちゃんとわかってくるんです。
使い分けを教えたりもしてないのに。
やっぱり女王を見てるうちに自然と理解したのかな?
いづれアイルランドに帰る予定の私たちとしては
日本にいる間、彼らが英語を忘れてしまってもどうでもいい
と思ってましたが、意外なことになってきました。

それより今心配するべきは私の英語力の方かも?
クマに日本語を覚えてもらうことは断念して
私はクマ相手の英会話で、英語力の維持をしましょうか。
大人の頭ではバイリンガルってどうしてこんなに
難しいんでしょう!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。