とうとうアイルランドから日本へ引っ越してきてしまった! 我が家のおこちゃまたちとクマの運命やいかに!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、お代官さま!
2008年05月30日 (金) | 編集 |
このまえの日曜日に、場違いな代官山に家族で出かけたんですけど。

まあ用事があったもんで。
10年ぶり以上ですかね~
かつては代官山を散歩するのは割と好きでした。
(↑幻の世田谷区民だったころの話)

でも今は全然ダメ。
主婦の分際なので、ファッションとかメイクとかヘボヘボで、
おしゃれしてる若者の間で肩身が狭かったッス。
かわいい洋服のお店がいーーーっぱいあるのに、
たとえ好みの服を見つけたって買えやしない...
と思って、涙をのんで横を素通り。

アイルランドからやってきてるクマの奴め、
「お店の中に入ってみてきていいよ」
...って、強くプッシュしてくれちゃって。
なんて酷なことをするんでやんしょ。

ところで、この日感動したのはお昼を食べたカフェ。
1時ちょっとくらい前で割と空いてました。
お店のお兄ちゃんは若くて、ちょっと無愛想気味な印象受けたんですけど
...実は素晴らしい人でした。

子供がフォークの取り合いになったら
(ちゃんと2本あったのになぜか取り合いになりました...)
気を利かせて新しいのがさっと後ろからでてきたり、

子供用のサンドイッチを手で二つに分けようとしてたら、
またもや、後ろからスッとナイフが...

お水がもうちょっと欲しい...と思った瞬間、
お水が足され、

まだみんな食べてるけど私だけ会計しとこうと思って立ち上がったら
伝票が差しだされました。

なんて気が利く人なんだ!

私、本気で感動してました。

ちなみに、こちらのサンドイッチ、おいしかったし
お値段もリーズナブルで、おなかいっぱいになりました。
クマも、
「東京のおしゃれな街であんなサンドイッチが食べられると思わなかった」
と、気に行っていた様子。注!すべてアイルランド基準です。
調子に乗ったクマは後日、アメリカ人の友達に
「今度そのカフェに一緒に行こう!」
なんて誘ってたけど、本気かね?

今度はぜひ、使えるお小遣いがたまってからってことで。
じゃなきゃあの街は私にゃ毒です。



daikan525 017s
代官山を散策するせなぼん。
なぜかこの頃このアンパンマンをどこへでもしょって行くのがマイブーム。
中にはいつも何が入ってると思います?

アンパンマンのぬいぐるみです。
(これって結構不意打ちならしくて、思わず吹き出してしまう人が
多くて笑える。)



スポンサーサイト
できたんです
2008年05月20日 (火) | 編集 |
3月に撮影に行ったカタログができたようです。
カタログ請求したものが届きました。

もしかして、1枚も写真が使われてなかったりして?
...なんて不安もあったけれど、7か所ほど
女王がいるのを発見。
大きくでてるのがふたつ、小さいけれど顔がはっきりわかるのがひとつ
あとは小さかったり暗闇だったり...
読者モデルではないけれど、ちゃんとした事務所に所属してるプロモって
わけでもないので、まあそんなもんですよね。
とにかく、こんな風に自分の子供を印刷物でみるのはやっぱり
感動です♪

しかし、写真で見る女王は...
どうみても日本人。
父親がアイルランド人にはとうてい見えない...
しかもほっぺもマシュマロぶりをめちゃくちゃ発揮してます。
私たちがデジカメで撮る写真とはまた違った顔になるんですねえ。

しかも、特に最初に撮影した分なんて、緊張してるのが
写真からもはっきり見て取れちゃう。
手はしっかり女王のオリジナルポーズで腰に当ててあるし。
となりで一緒に撮影した女の子が自然な笑顔で写ってるのをみると
やっぱり数やってる子は違うんだな~って感心してしまいました。

当の女王は
「わたしがいる~!うっれしぃ~!!」
を連発。
おかーさんもごちゃごちゃ考えるのをやめて
「女王タマがいる~!うれしぃ~っ!」
って叫んじゃった。

やっぱりモデルなんかとは縁のないおかーさんには
とってもうれしいのよ、うん。


5月の寒い夜は...
2008年05月16日 (金) | 編集 |
数日間、寒かったですね、日本では。

だいぶ暖かくなってきていたので、掛け布団をすべて
まんべんなく干して、しまっちゃったんですよ。
そうしたら、あんな寒くなるんだもの。

最初の夜はそれでもタオルケットと毛布でがまんしてしまいました。
でもあまりに寒くて寝返りを打つ気にもなれず...
しかし、掛け布団はしまいこんでしまったし。

どうしたかって?
クマのデカ半纏を上にかけてふとん代わりにしたんですよ。
それでもなんとなく寒さが残るから、
フリース着てねました。

おいおい、どこの国にいるんだよ...

う~ん、そういえば、アイルランドの留学時代は
そんなこともよくあったな~
まわりの日本人もみんなセーターとか上着着て寝た経験アリでした。
だって、暖房ケチる家が多いんだもん。

さて、現在は5月。
そこまで寒い日がそうそう続いてたまるか!と、
翌晩も掛け布団を出さずにがまんする私。
毛布の下でカチコチにかたまって寝る私のもとに
潜り込んできてくれたセナ坊は天使でした。
(彼はほぼ毎日、私のおふとんに潜り込んでくるのです)

しかしお天気は改善せず...
結局3晩目には掛け布団を引っ張り出した私。
こんなことなら、最初から出せばよかったよー。

主婦、まだまだ修行不足。
名づけわざ
2008年05月10日 (土) | 編集 |
子供はよく自分のお人形なんかに名前をつけます。
女王はなかなかそういうことをしなかったので、

「名前をつけてみたら?」

と提案してみたら、

犬のぬいぐるみ→doggy
子犬のぬいぐるみ→puppy
クマのぬいぐるみ→ベア

...まんまじゃないかね。

しかも、子猫のぬいぐるみにいたっては
「ぷっしーちゃん」
と名付けてしまったので、クマはちょっと複雑な顔でした。

日本にきてもクリスマスにもらったうさぎのぬいぐるみを
「うさちゃん」
う~ん、いつになったら「名前」をつけられるようになるんだろ~?
と半ば心配してましたが、
今年の2月ごろからその傾向がかわってきました。
ばんざ~い

ある日とつぜん、
小さいクマのぬいぐるみを「おそらちゃん」
ねこのぬいぐるみ型の手提げを「おはなちゃん」
と呼び始めたのです。
しかしなんでしょうね、この江戸時代みたいな名づけかた。

確かに、女王は「おさむらい(=時代劇)」が好き。
でも、そんなに名づけに影響されるほど見てはないんですけどね。
何事も一筋縄ではいかないのが幼児なんでしょうか。

そんな名づけセンスの持ち主は、ちかごろ新たに名づけを
しました。
前から持っていたプードルのぬいぐるみに
「あめこちゃん」
と名付けたのであります。

え?「あねご?」「あめご?」
いえいえ、
「あめこ」
なんだそうです。
何度も、何度も確認しましたから。

今日はさらに
「うさちゃん」を改名!
なんと新しい名前は「ぶどうちゃん」で~す。
さらにさらに、「ぷっしーちゃん」もとうとう恥ずかしい名前から
めでたく改名されたのであります。
新しい名前は
「いちごちゃん」


なぜそうなる???!!!
大合唱中
2008年05月02日 (金) | 編集 |
「あれ、何の音?」

ってクマが聞いたとき、「何が?」と思ったです。
私には別に不明な音は聞こえないから。
が、
ちょっと考えたら答えがわかりました。

「カエルでしょ?」

私からしたら、当然あれはカエルの声なんだけど、
何せ、1匹どころじゃない、推定何十匹のカエルが合唱してるので
クマにはなんだか見当もつかなかったようす。

そういえば、アイルランドでこんなふうにカエルの大合唱を
耳にすることなんてなかったわ。

うちは田舎だけど、住宅街ではあって、しかしながら田畑が
ところどころ残ってるって感じの関東にありがちな場所。
今、田圃には水も入ってカエル、絶好調!
朝から夜まで、一日中賑やかだったら。

私はでも、実家のあたりでもよくきいていたし、別に耳障りとも
思いません。
春なんてこんなもんでしょ。
でも、クマにはやかましいようですよ。

とはいっても、今日もお散歩の足を止めてくれたのは、
道路でつぶれたカエルたち...
まだしばらくはこれを目にすることになるんだろうなあ。
昼夜を問わずなくのは構わないけど...

道路でぺっちゃんこにつぶれまくるのはカンベン!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。