とうとうアイルランドから日本へ引っ越してきてしまった! 我が家のおこちゃまたちとクマの運命やいかに!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母は結局、涙するのであります。
2009年04月10日 (金) | 編集 |
入園式を終えて初登園。
すっごく心配だったんです。

特に女王は年長からですからね。
お友達の輪に入れてもらえないんじゃないか...
もう幼稚園の手続きをしている頃からそれが心配で。
もちろん、本人はそんなことを気にすることは全くなく

「幼稚園楽しみだなぁ~

そればっかり。
だから余計、万が一お友達に意地悪されたら...
なんて勝手に想像して私が泣きそうになってました。


バスに乗り込んだ子供たちに手を振って家に戻り、
家事をすませてもお迎えまで(今日は半日)まだ時間が
あったんですが、なんだか落ち着かなくて
ソワソワ...

お迎えの時間にバスの停留所で他のママさんと
お話して気をまぎらわせていましたが、やっぱりソワソワ...

ちょっと遅れてやってきたバスの中に、笑顔の子供たちを
見つけたときはその瞬間、肩から安心しました~~~!
満面の笑顔で
「楽しかったよーっ!!」

そのあと、女王のお話は止まりません!
全部幼稚園の話題ばっかり。
お友達もできたんですって。
幼稚園の絵も描いてくれました。
もう寝るときもお布団の中の女王が
いつもよりもご機嫌なのがはっきりわかるくらい。

そんなに幼稚園が楽しいなんて。

幼稚園入れる前は、義務教育でもないのになんで
行かせなきゃいけないの?
と、思ってました。
「行かせるべき!」
という意見をきいても、それがきれいごとに聞こえていたというか、
集団生活を学ぶことがそこまで大切かと反発のような気持ちを
持っていたのも確かです。

でも今日の女王の興奮ぶりをみたら、
「幼稚園は行かせるべきところなのかもしれない...」
とちょっと思ってしまいました。
だって、あんな子供のうれしそうな姿!
今度はうれしさで泣きそうです。

幼稚園の子供たちは、新しい子がクラスに来るのを
楽しみにしていたそうです。(バス停ママ談)
お教室で
「おともだちになろう!」
とさっそく言われたんだって。
よかったぁぁぁ。
お友達がいっぱいできますように!
楽しいことも、辛いことも、たくさんいろんな経験ができますように!


あっ、せな坊ですか?
いつもどおりです。
いつものやんちゃなせな坊です。
バスに乗るときも、帰ってきたときもいつもどおり。
幼稚園の話をきいても
「たのしかった!」
ってはっきり答えはしたけれど、女王のように多くは語らず...
ひょうひょうとしておりました。
さすがです。


スポンサーサイト
入園しました
2009年04月09日 (木) | 編集 |
今日やっと二人は入園式を無事終えました。


...忙しかった...!


3月半ばに手続きをして、いろいろ準備はじめて。
それ絶対時間たりないだろー!
って思う一方、余裕な行動をとってしまうのが人間ってもんでしょうか。

7×二人分の袋ものづくり。
子供の服を買い足して、
お弁当箱買って、
スイミングのもの揃えて、
私のスーツ買って、
名前つけて。

実のところ、すぐ使わないものの名前つけとかは
まだ終了してなかったりするのですが。
バッグ作りがよく間に合ったもんだと感心してます。
(自己流でかなりいい加減なつくりだからだねぇ、きっと)

これから朝は決まった時間に起きる毎日。
週一回はお弁当づくり。
今までルーズな生活送っていたから心配です。
大丈夫かな。

それに...子供たちのいない生活が始まるんだなぁ。
淋しい!
今まで5年間、毎日朝から晩まで見ていた子供たちの顔が
いっぱい見られなくなるなんて、淋しすぎます。
ああ泣いちゃいそう!
あんなに自由が欲しいとか思っていたのに、幼稚園が始まってしまうのが少し悲しいです。

今日は幼稚園で楽しそうにしている子供たちの姿を見ながら、
子供たちのためにはしっかり私が子離れをしなくっちゃ!と
心に気合をいれました。


さて、入園でひと段落。
次は引っ越しだあ~
まだしばらくは忙しくなりそうです。

お金も時間も欲しいたままでした。
年長さんと年少さん
2009年03月17日 (火) | 編集 |
な、なんと!

我が家の子供たちが、とうとう幼稚園に行くことになりましたっ!


本来だったら早ければ今ごろはアイルランドに帰る準備をしている
予定だったんですけどねぇ。
不況により、予定を変更。
もうしばらく日本にいます。

というわけなので。
無計画なアイルランド人、クマは
「小学校?日本で行ってもいいんじゃない?」
なんて軽~く言ってくれちゃって。

まあそんなんなったら余計幼稚園にはいれといた方がいいし、
何より、私が限界デス。
日に日にパワーを増すせな坊...
女王との大騒ぎにケンカ。
毎日キレまくりなんですもん。

幼稚園か保育園に入れようと決定したのが秋。
書類を揃えるのに時間がかかっちゃったので今年に入ってから
遅ればせながら保育園の申請もしてみたけれど当然空きはなし。
で、その返事をもらった翌日、秋に願書だけはもらってあった
幼稚園に連絡をとって入園が決まりました。

月曜日に入園料を払ったり制服のサイズをチェックしたり
忙しい一日になりました。
これからさらに忙しくなります。
たった3週間で様々なものをそろえなきゃいけない...

園で使うバッグ類などのほかに子供たちの洋服も買わなくちゃ。
家では、出かけない日なんてボロボロの格好をさせてたので。
せな坊が年少で入園式を控えてるから、私もスーツ買わなきゃかな。
ハンカチとかもないし、お弁当箱とか、ティッシュとか...
買ったあとは名前つけかぁ~

あ~せな坊のしつけももうちょっとしとかないと、あぶない気がする。


またまたやることがありすぎて、気持ちだけとんでもなく忙しくなってます。
がんばれーーーたま。

朝の陣取合戦
2007年12月21日 (金) | 編集 |
ここしばらく、せなボーが朝になると私のおふとんに入ってくるんだな。

アイルランドでは子供たちと私たちの寝室は別れていて、子供らはダブルベッドに二人で一緒に寝ていたわけだけど、日本にきてから6畳間でみんな一緒に寝るようになりました。
クマ、せな、女王、たまの順番で。


せなボーは朝、まだ暗いころ、
「うえ~っ」
と泣きながらむっくり起き上がって、
「まみぃ~」
と私を呼ぶのであります。
仕方ないから、「ほれ、こっちにおいで」といって手を差しのべてあげると、寝ている女王の上をムギュッと乗り越えて私のおふとんに潜り込みます。

ま、せな坊がいるとぬくぬくしてていいんだけどね。
やっぱり頭のにおいをかいだりして楽しめるからいいんだけどね。
しかし。
そこに女王が加わることが増えてまいりました。

対抗してるんですよ、せなボーにっ。
遅れて目を覚まして、せなボーがまみーのお布団に入ってることを発見!
それで、私がせなボーを抱えているのと反対側に入ってきてくれるならまだいいのです。
シングルサイズの日本の布団に、幼児とはいえ子供二人と一緒に寝ると、寝返りもうてずに大変だけど。


ところが、ときどき、ねぼけているのか機嫌が悪いときがあって困ります。
片側にせな坊がいるから、反対側に潜り込んでくればいいものを、

「せなボーがいるから自分の場所がない!」

と、朝から大騒ぎ…


「だから、反対側があいてるんだから、反対側に来ればいいがね!」
って言ってあげても全然だめ。
大声だして怒るんだもの!
こっちはもうちょっと寝たいのにさー。
なんでこんなことで朝から頭悩ませなきゃいけないのー?!
おかげさまで結局そのあと再び眠りに戻ることは不可能になってしまうことがほとんど…。


やがて、眠れないくせにわるあがきをしようとする私の布団を、せなボーにていねいに一枚づつはがされて朝ごはんの支度を催促されるんでございますよ…
「コンニャロー」と思いながらも、
「しーりょーぅ!(←シリアル)」
と言いながら愛嬌のある表情でうんうん頷くセナ坊を見てると、怒る気は失せてこっちも思わず笑ってしまいます。


そんな毎朝です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。